大会規約と注意事項

大会にエントリーされる方は、以下の大会規約をよくお読みになり、同意の上、お申込みください。

 
-大会規約-

 

【参加資格】
 

・大会当日高校生以上である(高校生の場合は保護者の承諾印を必要とします)
 

・全コースを迷うことなく完走できる
 

・大会規約に同意し、ルールとマナーを守ることができる
 

・ロングコースに出場の場合、大会前日の13:00から18:00に受付ができる
 また、エントリー時に以下のいずれかの完走経験がある(2016年以降の大会)
 1)トレイル40㎞以上
 2)ロードマラソン100㎞以上
 3)フルマラソン4時間以内

 
 

【申込にあたり】
 

・コースは自然環境の中にあり、状況は常に変化します。競技中、すべての行動は個人の責任であることを承知し、
 当日は体調を整えてレースに臨んでください。ただし、レース中の体調不良やケガ等には応急処置を行います。
 その方法、経緯などについて主催者の責任を問うことはできません。
 

・自己都合による申込後の種目変更やキャンセルは不可とし返金は致しません。
 

・気象警報、地震、疾病、事件など予測不可能な事由により、参加者の安全が確保できないと判断した場合、
 開催の中止またはコース変更、縮小する場合があります。その場合の返金は致しません。
 

・レースの映像、記録、写真等が、新聞やインターネット、印刷等へ利用されます。その掲載権は主催者側に属します。
 

 

【競技ルール】
 

・レース中は安全な大会運営のため主催者及びスタッフの指示を守ってください。
 

・定められたコースの所要時間が短い選手から順位を決定します。
 

・各関門に制限時間を設けています。時間内に関門を通過しない場合、その選手のレースは中止となります。関門は出る時間を計測します。
 

・コース以外への立ち入りはしないでください。追い越しや擦れ違いの時もコースからはみ出したりショートカットしないでください。
 

・コース内ではストック使用禁止区間があります。それ以外は使用可能ですが、必ずゴムキャップをつけて下さい。
なお、コースコンディションの悪化等によりストックの使用に適さないと判断した時は禁止する場合もあります。
 

 

【失格条項】
 

・前日受付をしないロング参加者
 

・受付時間内に受付をしない
 

・ゴミの投棄
 

・定められたコースを走らない
 

・スタッフの指示に従わない
 

・所定の時間内に関門を通過できない
 

・ナンバーカードを着用しない
 

・必携品を装備しない
 

・裸足またはサンダル等素足を露出したシューズでの出走
 

・イヤホン等で耳を塞いでの出走
 

・年齢、性別、参加資格等の虚偽
 

 

【必携品】
 

・エントリー時に登録した携帯電話
 

・1L以上の水(スタート時及びエイド出発時)
 

・各自必要な補給食
 

・レインウエアの上(防水性と透湿性を兼ね備えた縫い目がシームレスのもの)
 

・防寒具(レインウエアと兼ねても可)
 

・マイカップ
 

・クマ鈴
 

・携帯トイレ
 

・保険証(コピー不可)
 

・ファーストエイドキッド
 

・ナンバーカード
 

・登山に適したヘッドライトまたはハンドライト(新しい電池)ロングの方
 

・コースマップ

 
 

【推奨携行品】
 

・肌露出の少ないウエアやグロープ、キャップ
 

・虫よけ
 
 

【注意事項】
 

・コース上では突風、雨、ガスの発生など気象状況の変化で天候が急変し、低体温症になることが予想されます。
事前の準備も入念に行ってください。
 

・コース上及び周辺エリアの動植物の採取や損傷を与えないでください。
 

・登山者や農作業、酪農作業をする地元住民の方も通行します。挨拶をし、先方を優先してください。
追い越しやすれ違う時には走らずに、歩いてください。

 
 

【開催中止基準】
 

・気象警報発令時及び発令が明確な場合
 

・地震、事故、疾病など予測不可能な事由が発生した場合
 

 

【荷物預かり】
 

レースに必要な荷物は各自で携行してください。貴重品を除くそれ以外の荷物はクロークにてお預かりします。
 

ご利用の際は所定の用紙に記入のうえ係員にお預けください。
 

荷物引取りの際はナンバーカードをご提示ください。提示がない場合は荷物をお渡しできませんのでご注意ください。
 
 

【エイド】
 

ロングコースにはエイドステーションが5か所、ウォーターステーションが2か所、ミドルコースにはエイドステーションが2か所、
 

ウォーターステーションが1か所あります。各所で給水、給食をしてください。
 

各自ハイドレーションに水を補充してからエイドを出てください。各エイドに常設または仮設トイレがあります。
 

その他、リタイアの受け付けをします。レース中のケガ、体調不良の応急処置も受け付けます。

 
 

【コース誘導】
 

コース上には誘導看板(黄色)や誘導テープ(大会ロゴ入りピンク色)を各ポイントに設置してあります。
 

誘導看板についてはコースの分岐や危険個所、注意が必要な場所に、また誘導テープについては300mから350mおきに
 

枝等にくくり付けてあります。誘導テープを見失ったら元の場所に戻りテープを確認して正しい道を進んでください。
 

看板、テープ等は自身でしっかり確認してください。
 

 

【リタイア】
 

途中何らかのアクシデントでレースを中止する場合は、必ずコース誘導スタッフかエイドステーションスタッフにリタイアの旨、
 

名前、ナンバーを申し出てください。コース上でのリタイアは収容に時間がかかることが予想されます。
 

体力に自信がもてないときは、ひとつ手前のエイドステーションでリタイア申告をしてください。
 

また、自己判断でレースを退場しないでください。参加者の所在確認が取れない場合は捜索することになりますので注意して下さい。
 

 

【保険】
 

レース中のケガについては保険給付限度以上の補償には応じません。補償額は以下の通りです。
 

死亡・後遺障害補償300万。入院(日額)3,000円 通院(日額)2,000円
 

*各自で山岳保険やココヘリ等の加入をお勧めします。